【第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題20

指定介護予防支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 目標指向型の介護予防サービス計画原案を作成しなければならない。
2 その事業所の管理者については、地域包括支援センターの業務との兼務は認められない。
3 苦情を受け付けた場合には、その内容等を記録しなければならない。
4 サービス提供事業者と継続的な連絡が行われている場合には、利用者との面接や連絡は必要がない。
5 地域ケア会議から個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、これに協力するよう努めなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

1、3、5

 

【どんな問題?】

 

【解説】

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題へ

過去問トップへ