【第22回:令和元年度 ケアマネ試験】問題43

指定看談小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 事業者は、看護サービスの提供の開始に際し、主治の医師の指示を文書で受ける必要はない。
2 看設小規模多機能型居宅介護計画の作成に当たっては地域における活動への参加の機会も考慮し、利用者の多様な活動が確保できるよう努めなければならない。
3 事業者は、看設小規模多機能型居宅介護計画及び看護小規模多機能型居宅介護報告書を主治の医師に提出しなければならない。
4 訪問介護や訪問看設などの訪問サービスと通いサービスを一体的に提供するもので、宿泊サービスは含まない。
5 看設小規模多機能型居宅介護を受けている間についても、訪問リハビリテーション費、居宅療養管理指淋費及び福祉用具貸与費は算定できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

 

【どんな問題?】

 

【解説】

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題へ

過去問トップへ