【第23回:令和2年度 ケアマネ試験】問題1

2017(平成29) 年度末における全国の要介護(要支援)認定者の状況として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護(要支援)認定者のうち、約1割が第2号被保険者である 。
2 女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2倍である。
3 要介護(要支援)認定者数は、、前年度末に比べ、第1号被保険者、第2号被保険者ともに増加している。
4 要介護(要支援)状態区分別でみると、認定者数が最も多いのは、要介護1である。
5 第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、25%を超えている 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

2、4

 

【どんな問題?】

要介護(要支援)認定者数の現状について問う問題です 。第2号被保険者の認定者数が減少していることを知っていれば正答の可能性は高かったと思います。

 

【解説】

 

1 要介護(要支援)認定者のうち、約1割が第2号被保険者である。

要介護(要支援)認定者のうち、第2号被保険者の割合は2%程度となっています。

2 女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2倍である。

女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2.2倍でとなっています。

3 要介護(要支援)認定者数は、、前年度末に比べ、第1号被保険者、第2号被保険者ともに増加している。

第1号被保険者の要介護(要支援)認定者数は微増していますが、第2号被保険者の要介護(要支援)認定者数は微減しています。

4 要介護(要支援)状態区分別でみると、認定者数が最も多いのは、要介護1である。

5 第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、25%を超えている。

要介護(要支援)認定者数のうち、最も認定者数が多いのは要介護1の人で、要介護(要支援)認定者数おおよそ20%となります。

(3)要介護(要支援)認定者数
要介護(要支援)認定者(以下「認定者」という。)数は、平成29年度末現在で641万人となっている。うち、第1号被保険者は628万人(男性193万人、女性435万人)、第2号被保険者は13万人(男性7万人、女性6万人)となっている。うち、第1号被保険者については、65歳以上70歳未満は28万人(男性15万人、女性13万人)、70歳以上75歳未満は46万人(男性22万人、女性24万人)、75歳以上80歳未満は84万人(男性33万人、女性51万人)、80歳以上85歳未満は145万人(男性47万人、女性98万人)、85歳以上90歳未満は170万人(男性46万人、女性123万人)、90歳以上は156万人(男性31万人、女性125万人)となっている。前年度末現在に比べ、第1号被保険者は9.6万人 (1.5%) 増、第2号被保険者は0.3万人 (1.9%) 減となっている。認定を受けた第1号被保険者のうち、前期高齢者(65歳~75歳未満)は74万人、後期高齢者(75歳以上)は555万人で、第1号被保険者の認定者に占める割合は、それぞれ11.7%、88.3%となっている。認定者を要介護(要支援)状態区分別にみると、要支援1:88万人、要支援2:88万人、要介護1:129万人、要介護2:112万人、要介護3:85万人、要介護4:79万人、要介護5:60万人となっており、軽度(要支援1~要介護2)の認定者が約65.1%を占めている。

平成29年度介護保険事業状況報告(年報)報告書の概要


この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。
・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。
・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。
・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。
・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題2へ

過去問トップへ