【第23回:令和2年度 ケアマネ試験】問題55

介護保険における小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 小規模多機能型居宅介護は、宿泊を中心として、利用者の様態や希望に応じて、随時訪問や通いを組み合わせてサービスを提供するものである。
2 従業者は、介護福祉士又は訪問介護員でなければならない。
3 小規模多機能型居宅介護の本体事業所とサテライト事業所の距離は、自動車等でおおむね20分以内の近距離でなければならない。
4 利用者は、複数の小規模多機能型居宅介護事業所への登録を希望しても、1つの事業所にしか登録できない。
5 運営推進会議は、当該事業所を指定する市町村が設置する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

 

 

【どんな問題?】

 

【解説】

 

1 。

2 。

3 。

4 。

5 。

 

この過去問解説について
・できるだけ暗記はせず、問題を理解して解くことを目指しています。 ・難しい選択肢は消去法で解けばよいというスタンスです(なるべく解説します)。 ・難しい用語の利用や根拠法令の提示はなるべく避け、わかりやすい表現を心がけています。 ・試験に合格することを目指しているため、表現が正確ではない場合があります。 ・内容には万全を期していますが、誤りがあっても責任は負いかねます。また内容は予告なく修正することがあります。

問題へ

過去問トップへ