第22回(令和元年度)ケアマネ試験の合格基準(合格点)発表!!

第22回(令和元年度)ケアマネ試験の合格基準(合格点)

第22回(令和元年度)ケアマネ試験の合格基準(合格点)はちょっと特殊です

令和元年度のケアマネ試験は平成31年10月8日に実施が予定されていましたが、台風19号が日本列島を直撃した影響で、実施した都道府県、しない都道府県に分かれました。

実施しなかった都道府県と、実施した都道府県の中で受験できなかった一部の受験者を対象に、令和2年3月8日に試験を行ないました。
この試験のことを再試験と呼んでいます。

このページでは、当初予定していた平成31年10月8日の試験のことを便宜上本試験と呼ぶことにします。

本試験 平成31年10月8日
再試験 令和2年3月8日

本試験と再試験では合格点が異なる

本試験と再試験では試験問題は全く異なります(そりゃあそうですよね)。合格基準(合格点)も異なることとなりました。

介護支援分野 保健医療福祉サービス分野
本試験 15点 24点
再試験 16点 25点

再試験は本試験と比べると介護支援分野も保健医療福祉サービス分野も合格点が高くなりました。

合格点の正答率を表にすると以下の通りです。

介護支援分野 保健医療福祉サービス分野
本試験 60.0% 68.6%
再試験 64.0% 71.4%

これまでの合格率の推移については↓をご覧ください。

ケアマネ試験 合格率推移(受験者数 合格者数 合格率)

第22回試験の都道府県別の受験者数・合格者数・合格率は↓をどうぞ。

第22回(令和元年年度)ケアマネ試験 合格率一覧(都道府県別)