第21回(平成30年度)ケアマネ試験の合格基準(合格点)発表!!

第21回(平成30年度)ケアマネ試験の合格基準(合格点)

合格基準(合格点)は第19回と同じ

平成30年12月4日、

第21回(平成30年度)ケアマネ試験の合格点が発表されました。

 

介護支援分野:13点(正答率52.0%)

 

保健医療福祉分野:22点(正答率62.8%)

 

いずれも、ここ数年で最低(=難しい)の合格点になりました。

過去最低の合格率(13.1%)だった第19回と同じ点数です。

今回は合格率も過去最低を記録しました(正式発表はまだ)。

 

低い合格基準(合格点)の背景

今回の試験では、受験要件の見直しという事情があるとはいえ、受験者数が激しく減少しました。

 

国としては、

一定の合格者数は確保したい

一方で

合格者の質を確保しなければならない

というジレンマがあったのではないかと推察します。

 

介護支援分野はこれ以上下げられない

特に

介護支援分野は、

12点まで下げてしまうと、正答率50%を割ってしまいます。

 

正答率50%を割ってしまうということは、

問題の半分以上を解けていないということになりますし、

正答率70%という基準からも、大きくかけ離れます。

 

これは合格者の質の観点からマズイです。

 

それで、12点にはしたいけど、できなかったというのが、私の見立てその1です。

 

保健医療福祉分野は調整弁

一方で、

保健医療福祉分野の合格点については、

 

これ以上合格点を下げると、

トータルの正答率が70%からどんどん遠ざかります。

 

合格点を上げると、

合格率が一桁に突入します。

 

このような要因を検討した結果、

保健医療福祉分野の合格基準(合格点)が決まったというのが、私の見立てその2です。

 

全国の合格率の推移については
ケアマネ試験 合格率推移(受験者数 合格者数 合格率)

都道府県別の受験者数・合格者数・合格率は
第21回(平成30年度)ケアマネ試験 合格率一覧(都道府県別)

をご覧ください。

 

第21回介護支援専門員実務研修受講試験問題正答番号