【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題1 

Aさん(78歳,女性)は介護老人福祉施設で生活している。脳血管障害(cerebrovascular disorder)による左片麻痺で,杖を使って歩行し,自力で移動していた。Aさんは,廊下や食堂でいつも職員や他の利用者に声をかけ,誰にでも気遣う人だった。ある日,食堂のいすに足が触れて転倒して,捻挫の痛みで歩くこと ができなくなり,車いすでの移動になった。捻挫は1週間ほどで完治したが, Aさんは歩くことを拒み,現在でも車いすでの移動を続けている。Aさんは徐々に口数も少なくなり,「歩くことが不安だ。周りに迷惑をかけてしまう」と言い,何に対しても消極的な様子がみられた。
Aさんに対する介護福祉職の関わりとして,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 Aさんは口数が少ない様子なので,できるだけ話しかけないように心がける。
2 Aさんの自立を考えて,再び歩くことができるように何度も声をかける。
3 仲の良い利用者に,頑張って歩くように励ましてもらう。
4 Aさんの担当の介護福祉職に,再び歩くように説得してもらう。
5 食堂のテーブルやいすの配置を見直して,一緒に歩いてみようと働きかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

介護職の関わり方として、一方的に何かを働きかけるといった姿勢は望ましくないと考えられます。信頼関係の下、利用者の心理的な状況を理解し、利用者と対等な立場で一緒に取り組んでいく姿勢が必要と思われます。

 

1 Aさんは口数が少ない様子なので,できるだけ話しかけないように心がける。

適切ではありません。

元々口数が少ない人ということではなく、口数が少なくなってしまった状況があるため、できるだけ話しかけないようにするという姿勢は望ましくないと思われます。

 

2 Aさんの自立を考えて,再び歩くことができるように何度も声をかける。

適切ではありません。

 

3 仲の良い利用者に,頑張って歩くように励ましてもらう。

適切ではありません。

 

4 Aさんの担当の介護福祉職に,再び歩くように説得してもらう。

適切ではありません。

 

5 食堂のテーブルやいすの配置を見直して,一緒に歩いてみようと働きかける。

適切です。

「一緒に」がポイントです。

 

 

問題2へ

過去問トップへ