【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題2 

障害児・者に対して, ノーマライゼーション(normalization)の理念を実現するための方策として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 障害の原因となる疾病の完治を目指して治療すること
2 障害種別ごとに,同じ職業に就くことができるように訓練すること
3 障害児と障害者が一緒に施設で暮らすこと
4 普通の生活環境に近づけること
5 障害者の経済的水準を一定にすること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

厚生労働省はノーマライゼーションの理念について「障害者などが地域で普通の生活を営むことを当然とする福祉の基本的考え」としています。つまり理念を実現するための方策とは、ひとことで言うと、障害者が障害のない人と一緒に地域で普通に生活するようにするための取り組みということになります。

1 障害の原因となる疾病の完治を目指して治療すること

適切ではありません。

(疾病の完治を目指すことは別の意味においては重要ですが、)ノーマライゼーションの理念を実現するための方策としては適切ではありません。

 

2 障害種別ごとに,同じ職業に就くことができるように訓練すること

適切ではありません。

 

3 障害児と障害者が一緒に施設で暮らすこと

適切ではありません。

 

4 普通の生活環境に近づけること

適切です。

 

5 障害者の経済的水準を一定にすること

適切ではありません。

 

 

問題1へ     問題3へ

過去問トップへ