【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題5 

健康長寿社会に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 WHO(世界保健機関)は,健康とは病気や障害がないことであると定義している。
2 健康寿命を延ばすために,ロコモテイブシンドローム(運動器症候群)対策が重要である。
3 2010年(平成22年)時点の日本における平均寿命と健康寿命の差は,男性が約5年,女性が約8年である。
4 2014年(平成26年)時点の日本におけるがん(cancer)の部位別にみた死亡者数は,男女ともに胃がん(gastric cancer)が最も多い。
5 「健康日本21(第2次)」における飲酒に関する目標には,未成年者の飲酒防止は含まれていない。
(注)健康日本21 (第2次)とは,21世紀における第2次国民健康づくり運動のことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 WHO(世界保健機関)は,健康とは病気や障害がないことであると定義している。

適切ではありません。

「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」において、1946年にWHO(世界保健機関)が提唱した健康の定義を「健康とは単に病気でない、虚弱でないというのみならず、身体的、精神的そして社会的に完全に良好な状態を指す」としています。

 

2 健康寿命を延ばすために,ロコモテイブシンドローム(運動器症候群)対策が重要である。

適切です。

健康寿命の延伸を基本方針とする健康日本21(第2次)において、ロコモティブシンドローム対策の端緒としてロコモティブシンドロームの認知度を高めることが目標とされています。

「ロコモティブシンドロームの予防の重要性が認知されれば、個々人の行動変容が期待でき、国民全体として運動器の健康が 保たれ、介護が必要となる国民の割合を減尐させることが期待できる。その端緒として、 まずロコモティブシンドロームという言葉・概念の認知度を高める必要があることから、 健康日本21(第2次)において指標として設定する」(健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料)。

 

3 2010年(平成22年)時点の日本における平均寿命と健康寿命の差は,男性が約5年,女性が約8年である。

適切ではありません。

「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」において、2010年(平成22年)時点の日本における平均寿命と健康寿命の差は、
男性:約9.13年
女性:約12.68年
となっています。

 

4 2014年(平成26年)時点の日本におけるがん(cancer)の部位別にみた死亡者数は,男女ともに胃がん(gastric cancer)が最も多い。

適切ではありません。

「人口動態統計」によると、2014年(平成26年)時点の日本におけるがんの部位別にみた死亡者数は以下の通りです。

男性:1位 肺   2位   3位 大腸
女性:1位 大腸  2位 肺  3位 

 

5 健康日本21(第2次)における飲酒に関する目標には,未成年者の飲酒防止は含まれていない。

適切ではありません。

「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」によると、健康日本21(第2次)における飲酒に関する目標は以下の3つです。

生活習慣病の発症リスクを高める量を飲酒している者の減少
未成年者の飲酒をなくす
妊娠中の飲酒をなくす

 

問題4へ     問題6へ

過去問トップへ