【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題6 

Cさん(30歳,女性)は介護老人福祉施設で常勤職員として働いている。出産を来月に控えて,産前6週間・産後8週間の予定で産休を取ることにした。産休中のCさんの所得の喪失または減少を補填するために,医療保険制度から支給されるものとして,適切なものを1つ選びなさい。

1 出産育児一時金
2 休業補償給付
3 傷病手当金
4 育児休業給付
5 出産手当金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 出産育児一時金

適切ではありません。

出産育児一時金は出産にかかる費用負担を軽減するための制度です。

 

2 休業補償給付

適切ではありません。

休業補償給付は、業務上又は通勤による病気やケガによる療養のため会社を休み、そのために賃金を受けていないときに利用できる給付になります。

 

3 傷病手当金

適切ではありません。

傷病手当金は病気やケガで会社を休んだときは受けることができる手当金です。

 

4 育児休業給付

適切ではありません。

育児休業給付は、育児休業期間中に支給される給付になります。

 

5 出産手当金

適切です。

出産手当金は医療保険の被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合に、支給されます。

 

問題5へ     問題7へ

過去問トップへ