【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題7 

日本の社会保険制度に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1 加入は,個人が選択できる。
2 保険料だけで運営され,公費負担は行われない。
3 医療保険,年金保険,雇用保険,労災保険,介護保険の5つである。
4 給付の形態は,現金給付に限られる。
5 保険料は,加入者個人のリスクに見合った額になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 加入は,個人が選択できる。

適切ではありません。

日本の社会保険には以下の5つがあります。
医療保険
年金保険
雇用保険
労災保険
介護保険

いずれも一定の要件を満たすと加入することとなり、加入するしないを個人が選択することはできません。

 

2 保険料だけで運営され,公費負担は行われない。

適切ではありません。

社会保険は保険料と公費(税金)により運営されています。

 

3 医療保険,年金保険,雇用保険,労災保険,介護保険の5つである。

適切です。

 

4 給付の形態は,現金給付に限られる。

適切ではありません。

社会保険の給付の形態としては、現金給付の他、現物給付があります。

原則的に現金給付の保険
・年金保険
・雇用保険

原則的に現物給付の保険
・医療保険
・介護保険

現金給付、現物給付共にあるもの
・労災保険

 

5 保険料は,加入者個人のリスクに見合った額になる。

適切ではありません。

社会保険の保険料は収入の額等により決まることとなっており、リスクのよる変動はありません。

 

 

問題6へ     問題8へ

過去問トップへ