【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題8 

社会保障給付費に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 サービス関連の給付費を除いて,1年間に給付される現金の総額である。
2 2000年度(平成12年度)以降の給付費に占める介護対策の割合は増加傾向にある。
3 2013年度(平成25年度)の給付費の総額は約50兆円である。
4 2013年度(平成25年度)の給付費を制度別にみると,社会保険が約7割を占めている。
5 2013年度(平成25年度)の年金医療福祉その他の部門別割合は約5対4対1である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 サービス関連の給付費を除いて, 1年間に給付される現金の総額である。

正しくありません。

社会保障給付費には現金の給付のみならず、現物給付(サービスの給付)なども含みます。

 

2 2000年度(平成12年度)以降の給付費に占める介護対策の割合は増加傾向にある。

正しいです。

社会保障給付費の内訳は「年金」、「医療」、「福祉その他」に分類されており、「介護対策」は「福祉その他」に含みます。「介護対策」が社会保障給付費に占める割合は増加傾向にあります。

 

3 2013年度(平成25年度)の給付費の総額は約50兆円である。

正しくありません。

2013年度の社会保障給付費の総額は約110兆円です。尚、2014年度は約112兆円です。

 

4 2013年度(平成25年度)の給付費を制度別にみると,社会保険が約7割を占めている。

正しくありません。

2013年度の社会保障給付費の内、社会保険が占める割合は約9割になります。

 

5 2013年度(平成25年度)の「年金」「医療」「福祉」その他の部門別割合は約5対4対1である。

正しくありません。

2013年度の「年金」、「医療」、「福祉その他」の部門別割合は約5対3対2になります。

 

 

問題7へ     問題9へ

過去問トップへ