【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題10 

介護保険制度における保険者の役割として,正しいものを1つ選びなさい。

1 居宅サービス事業者の指定
2 保険給付に関する事務
3 要介護認定の基準の設定
4 介護保険審査会の設置
5 介護支援専門員(ケアマネジャー)の登録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 居宅サービス事業者の指定

正しくありません。

居宅サービス事業者は都道府県が指定します。

「市町村は、要介護認定を受けた被保険者(以下「要介護被保険者」という。)のうち居宅において介護を受けるもの(以下「居宅要介護被保険者」という。)が、都道府県知事が指定する者(以下「指定居宅サービス事業者」という。)から当該指定に係る居宅サービス事業を行う事業所により行われる居宅サービス(以下「指定居宅サービス」という。)を受けたときは…」(介護保険法)。

 

2 保険給付に関する事務

正しいです。

 

3 要介護認定の基準の設定

正しくありません。

要介護認定の基準の設定は国(厚生労働大臣)の役割です。

「認定審査会は、前項の規定により審査及び判定を求められたときは、厚生労働大臣が定める基準に従い、当該審査及び判定に係る被保険者について、同項各号に規定する事項に関し審査及び判定を行い、その結果を市町村に通知するものとする。…」(介護保険法)。

 

4 介護保険審査会の設置

正しくありません。

介護保険審査会の設置は都道府県の役割です。

介護保険審査会(以下「保険審査会」という。)は、各都道府県に置く」(介護保険法)。

 

5 介護支援専門員(ケアマネジャー)の登録

正しくありません。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の登録は都道府県の役割です。

「厚生労働省令で定める実務の経験を有する者であって、都道府県知事が厚生労働省令で定めるところにより行う試験(以下「介護支援専門員実務研修受講試験」という。)に合格し、かつ、都道府県知事が厚生労働省令で定めるところにより行う研修(以下「介護支援専門員実務研修」という。)の課程を修了したものは、厚生労働省令で定めるところにより、当該都道府県知事登録を受けることができる。…」(介護保険法)。

 

 

問題9へ     問題11へ

過去問トップへ