【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題12 

「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

(注)「障害者差別解消法」とは,「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」のことである。

1 就労における具体的な差別を直接明示している。
2 個人による差別行為への罰則規定がある。
3 行政機関等と事業者に対して,不当な差別的取扱いを禁止している。
4 市町村は,障害者差別解消支援地域協議会を設置しなければならない。
5 障害者の差別に関する相談窓口として,相談支援事業所が指定されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 就労における具体的な差別を直接明示している。

適切ではありません。

就労における具体的な差別についての明示はありません。就労における具体的な差別については「障害者の雇用の促進等に関する法律」などに規定があります。

 

2 個人による差別行為への罰則規定がある。

適切ではありません。

行政機関等と事業者に対しては差別行為を禁止しています(選択肢3の解説を参照)が、個人による差別行為の禁止に関する規定はありません。個人による差別行為への罰則規定もありません。

 

3 行政機関等と事業者に対して,不当な差別的取扱いを禁止している。

適切です。

行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない
事業者は、その事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)。

 

4 市町村は,障害者差別解消支援地域協議会を設置しなければならない。

適切ではありません。

市町村(のみならず国及び地方公共団体の機関も)は障害者差別解消支援地域協議会を設置することができますが、義務ではありません。
「国及び地方公共団体の機関であって、医療、介護、教育その他の障害者の自立と社会参加に関連する分野の事務に従事するもの(以下この項及び次条第二項において「関係機関」という。)は、当該地方公共団体の区域において関係機関が行う障害を理由とする差別に関する相談及び当該相談に係る事例を踏まえた障害を理由とする差別を解消するための取組を効果的かつ円滑に行うため、関係機関により構成される障害者差別解消支援地域協議会(以下「協議会」という。)を組織することができる」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)。

 

5 障害者の差別に関する相談窓口として,相談支援事業所が指定されている。

適切ではありません。

国と地方公共団体が相談に係る体制を整備することは規定されていますが、具体的な相談窓口についての規定はありません。
「国及び地方公共団体は、障害者及びその家族その他の関係者からの障害を理由とする差別に関する相談に的確に応ずるとともに、障害を理由とする差別に関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう必要な体制の整備を図るものとする」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)。

 

 

問題11へ     問題13へ

過去問トップへ

 

 

当サイト運営人が教えます◆ケアマネ試験合格コーチ☆受講者さん募集のご案内

2020年3月8日に行なわれる予定の
ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修研修受講試験)の合格コーチの受講者さんを募集します。

『完全オーダーメイドのカリキュラムとスケジュールで試験対策を行なう贅沢なプログラム』

❖こんな人におすすめ!!

独学で始めたものの挫折しそうな人

受験が今回で3回目、4回目・・・の人
◇絶対に合格したい
◇通信講座では物足りないけれど、通学はちょっと
◇独学で合格できる自信がない
◇どうやって試験対策したらよいかわからない
◇いつでも相談したい

❖ケアマネ試験合格コーチが提供する価値
あなたに最適化したプログラムで、効率よくケアマネ試験合格に導きます。

●あなたに最適化した試験対策を立案します。
●理解を加速するマンツーマン講義を行ないます。
●あなたの試験学習の取り組みをメンタル面からフォローします。

❖ケアマネ試験合格コーチの方法
テレビ会議方式
zoom、スカイプなどのテレビ会議(テレビ電話)システムを利用
*セッティングもお手伝いします。

❖ケアマネ試験合格コーチの内容
○初回面談(1時間x1回)
 個別学習カリキュラム(学習内容・スケジュール)を作成
○マンツーマン講義(計14時間~40時間程度)
 マンツーマンで試験範囲の講義
 *講義の時間はあなたに合わせて延長・短縮できます
○随時フォロー
 メール、電話、LINEなどご希望のツールにより、随時フォロー
 *時間/回数の制限なくフォローします
○各種資料(法令、便利ツール)の提供
 学習に必要な資料、理解を加速する資料などを必要に応じて提供

❖担当コーチ 
熊谷洋平(介護支援専門員・介護福祉士・住環境コーディネーター2級)
プロフィール詳細はこちらでみれます。

❖受講料 
受講料:20万円(税込み)

〇受講料入金のタイミング
初回面談終了後

❖申し込み後のキャンセル
初回面談は無料です。
(受講料のご入金は初回面談の後です)

講義開始前のキャンセル::全額返金いたします。
講義開始後のキャンセル:受講済み講義の回数に応じての返金となります。

❖合格した受講者さん特典
合格後、電話、LINEなどでケアマネ実務研修、ケアマネ業務などを無料フォローします(期間1年間:定価6万円相当)。

❖募集終了
受講者の募集は予告なしに終了することがあります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

❖お問い合わせ方法
まずは「お問い合わせフォーム」または「電話」でご連絡ください。

■お問い合わせフォーム:下の方↓にあります。

■電話:080-7315-8010 (048-812-5508)

「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただいた場合は、担当熊谷より電話またはメールで折り返しご連絡いたします。
「電話」は携帯電話までお願いいたします。こちらから折り返しご連絡いたします。


ご不明な点、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいた方に無理に受講をお勧めすることは絶対にありませんのでご安心下さい。

❖主催者情報
「ケアマネ試験合格コーチ」
事務局:くまがい行政書士事務所
担当者:熊谷 洋平
〒349-0114
住所:埼玉県蓮田市馬込5-412
TEL:080-7315-8010 / 048-812-5508
FAX:048-812-5581


お問い合わせフォームはこちらです↓↓↓