【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題17

「福祉関係三審議会合同企画分科会」が提出した「今後の社会福祉のあり方について(意見具申)」(1989年(平成元年)3月)の内容で,介護保険法の理念・仕組み等につながる事項として,適切なものを1つ選びなさい。

(注)「福祉関係三審議会合同企画分科会」の三審議会とは,中央社会福祉審議会,身体障害者福祉審議会,中央児童福祉審議会のことである。

1 社会福祉事業に対する規制強化
2 市町村の役割重視
3 施設福祉サービスの法定化
4 就労支援策の創設
5 福祉文化の創造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

「今後の社会福祉のあり方について(意見具申)」において、超高齢社会にふさわしい長寿・福祉社会を実現するための基本的な考え方として以下の6項目を挙げています。
・市町村の役割重視
・在宅福祉の充実
・民間福祉サービスの健全育成
・福祉と保健・医療の連携強化・総合化
・福祉の担い手の養成と確保 
・サービスの総合化・効率化を推進するための福祉情報提供体制の整備

 

1 社会福祉事業に対する規制強化

適切ではありません。

 

2 市町村の役割重視

適切です。

 

3 施設福祉サービスの法定化

適切ではありません。

 

4 就労支援策の創設

適切ではありません。

 

5 福祉文化の創造

適切ではありません。

 

 

問題16へ     問題18へ

過去問トップへ

 

 

Follow me!