【無料】過去問と肢別解説|介護福祉士試験 第29回 問題23

ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 家族や友人などが,気軽に宿泊できるように配慮する。
2 昼間は,2ユニットごとに常勤1名の介護職員を配置する。
3 食事は,施設が決めた時間内に食べ終わるように介護する。
4 利用者数は,災害などの事情があっても,定員数以内とする。
5 多様な娯楽設備を備えて,外出しなくても施設内で生活を完結できるようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

1 家族や友人などが,気軽に宿泊できるように配慮する。

適切です。

「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設の居室は、家族や友人が来訪・宿泊して入居者と交流するのに適した個室であることから、これらの者ができる限り気軽に来訪・宿泊することができるよう配慮しなければならない」(指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスに関する基準について)。

 

2 昼間は,2ユニットごとに常勤1名の介護職員を配置する。

適切ではありません。

昼間は1ユニットに1人必要です。

「昼間については、ユニットごとに常時一人以上の介護職員又は看護職員を配置すること」(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準)。

夜間、深夜は2ユニットに1人でオーケーです。

「夜間及び深夜については、二ユニットごとに一人以上の介護職員又は看護職員を夜間及び深夜の勤務に従事する職員として配置すること」(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準)。

 

3 食事は,施設が決めた時間内に食べ終わるように介護する。

適切ではありません。

この設問に限らず、尊厳の保持の観点から、利用者よりも施設を優先するような選択肢はXとなります。

「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設は、入居者の生活習慣を尊重した適切な時間に食事を提供するとともに、入居者がその心身の状況に応じてできる限り自立して食事を摂ることができるよう必要な時間を確保しなければならない」(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準)。

 

4 利用者数は,災害などの事情があっても,定員数以内とする。

適切ではありません。

災害や虐待などのやむを得ない事情がある場合は定員オーバーが認められます。

「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設は、ユニットごとの入居定員及び居室の定員を超えて入居させてはならない。ただし、災害、虐待その他のやむを得ない事情がある場合は、この限りでない」(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準)。

 

5 多様な娯楽設備を備えて,外出しなくても施設内で生活を完結できるようにする。

適切ではありません。

娯楽に係る活動の機会を提供しなければなりませんが、加えて、外出の機会の確保も努力義務となります。

「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設は、入居者の外出の機会を確保するよう努めなければならない」(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準)。

 

 

問題22へ     問題24へ

過去問トップへ